わたしの幸せな結婚 ネタバレ分冊版13巻【美世に危機が!?】

わたしの幸せな結婚』分冊版13巻のネタバレを書いていきます。。

12話はこちら

わたしの幸せな結婚 ネタバレ分冊版12巻【悪夢の能力の正体は】

試し読みはこちら
【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

わたしの幸せな結婚 ネタバレ分冊版13巻

香耶がお父さんに突然呼び出されて驚いています。お父さんは何か企んでいるのか、いま自分のお姉さんの置かれている状況を見たくないかと言い出しました。香耶は式神を飛ばして偵察に行かせました。そして遠い昔のことを思い出しています……

確かに自分のお姉さんは、能力が使えないという認識で迫害されていた記憶があります。香耶はその代わりに厳しい訓練をお母さんから受けていたのでした。決して自分の姉と同じようになってはいけないと。

式神で見たビジョンで、驚くべき光景が浮かんできました。自分のお姉さんが、嫁いだ先ですごく幸せそうにしていたからです。そして自分が屋敷で会った人が 自分の姉と結婚する予定の人だとその場でわかったのです。二人がとても幸せそうに向かい合っているのを見てしまいました。

香耶はそれを見て激しく嫉妬していました。今までは自分がほうが何もかも上の存在だと思い込んでいたからです。

そしてお父さんに自分のお姉さんと自分の立場を入れ替えてくれるように頼みました。しかしさすがにそんな願いを受け入れてくれるわけがありません。どうしたらいいものかとどうかを歩いていると夫が前から歩いてきました。

幸次にも自分の姉と私の立場を取り替えればみんな幸せになるのではないかと問いかけました。しかしそれにはお父さんの許可がないと無理だと言われてしまいました。香耶は辰石の家ならきっと自分に協力してくれるはずだと走り出しました……

美世はその頃旦那様が駐屯地に詰め込みで働いていることを知って、差し入れを持って行きました。旦那様は二人がここに来たことに驚いて慌てていました。旦那様はちゃんと自分が渡したお守りを持っているか美世に確認しました。

きちんと持っていると答えて二人はその日は帰ることにしました。しかし実はお守りは忙しさのあまり家に忘れてきてしまったのでした。

お守りにはきっと何らかの効力があるのでしょう。今日はお守りを持って旦那様からの気配が一気に薄くなってしまったのを感じていました。

ゆりえさんと一緒に家まで帰ろうとすると突然謎の車が目の前に現れました。美世はそのまま目隠しをされて車の中に入れられてどこかに連れて行かれてしまいます……

わたしの幸せな結婚 分冊版13巻の感想

香耶はある意味この漫画の中では一番かわいそうな人間かもしれませんね。元々そんなに好きではなかった人間と お姉さんへの当てつけで結婚してしまって後悔しているのでしょう。

美世を連れ去った人物は一体誰なのでしょうか。

普通に考えるとこれは辰石の関係者、香耶のお父さんなのではないかと考えられます。香耶が辰石の人に頼み込みに行く描写がありました。

もしかしたら連れ去られた先には香耶が待っているのかもしれません……

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)
わたしの幸せな結婚【分冊版】 13巻