わたしの幸せな結婚 ネタバレ分冊版12巻【悪夢の能力の正体は】

わたしの幸せな結婚』分冊版12巻のネタバレを書いていきます。。

11話はこちら

わたしの幸せな結婚 ネタバレ分冊版11巻【動き出した陰謀】

試し読みはこちら
わたしの幸せな結婚【分冊版】 12巻

わたしの幸せな結婚 ネタバレ分冊版12巻

今日は初めてデートをした時に、旦那様が買ってくれた着物が届く日でした。旦那様は思ったよりもたくさんの着物をあの時買ってきてくれたのです。旦那様も、それはプレゼントのお礼だから遠慮なくとっておけと言ってくれています。

旦那様が選んでくれた着物はお母さんの形見に似ているものでした。着物をプレゼントしてくれたことにお礼を言うと、旦那様は少し恥ずかしそうに顔を背けていました。お母さんの着ていたのとそっくりな着物をつけてみると自分もやっぱりお母さんに似てるのかなと思ったりもしました。

五道は先日の任務のお礼として料理でもてなしてくれることをワクワクしていました。実は料理でお礼をしたいと言い出したことは美世からの申し出。こういった自分から何かをしたいという、今までには無かった変化が旦那様はとても嬉しかったのでした。

一方、車の中ではいつになく真面目な話題になっています。最近この世界で能力を持っているものの質の低下が激しくなっていると。この世界では西洋の文化が発達してこの国での科学技術も日々発達しているようです。それと共に異常の数も減ってお役御免になる能力者も増えているようです。

二人がそうやって話しているうちに無事にお屋敷にたどり着きました。美世が玄関で頭を下げて二人を迎えに行きます。旦那様もいつもとは違う着物でおめかしした姿を見て美しいと思っていました。

五道は美世の作った料理を食べておいしいと驚いていました。美世は花をこの家に連れてきてくれてありがとうとお礼を言っています。その日三人は宴もたけなわで楽しく食事をしたのでした。

夜になると旦那様は随分と周りが静かなことに気がつきました。美世が心配になって部屋に飛び込む旦那様。すると部屋の中にはわずかばかりに異能の力が使われた気配があるのでした。

美世がまだ眠ったままなので慌てて起こします。美世は何か良くない夢を見たのか泣いているようでした。旦那様はこの悪夢の原因が母親の実家の異能力者のものではないかと疑い始めました……

わたしの幸せな結婚 分冊版12巻の感想

まずこの世界に跋扈する妖怪のような存在は最初は怪異と呼ばれていたんじゃないでしょうか。いつのまにか異形というものに置き換わっていますよね。異形と怪異は 言い方を変えているだけで全く同じものと思ってもいいのかな。

さらにびっくりすることに最初はこの異形の者を倒すことが目的だと思っていたのですが、科学技術の進歩とともにその数が減ってきているようです。確かに日本でも 科学技術が進んでくると妖怪とか言い出す人はいなくなったとは思いますが、結構あっさりした方向転換でびっくりしました。

さらに、立場的には味方じゃないかなと思っていたお母さんの実家の人も実は敵なのでしょうか……?

わたしの幸せな結婚【分冊版】 12巻
わたしの幸せな結婚【分冊版】 12巻